ホーム > 長寿介護課 > 生活支援体制整備事業とは

生活支援体制整備事業とは

~地域で助け合い、高齢者の生活を支える仕組みづくり~

2025年には、団塊の世代のすべてが75歳以上になり、全国で約34万人分の介護人材が不足すると予想されています。岩出市においても、全国や和歌山県に比べて高齢化率は低い水準にあるものの、高齢化は確実に進行しており、ひとり暮らし高齢者や高齢者夫婦のみ世帯、要支援・要介護認定者も増加し続けています。

このような状況を踏まえ、住み慣れた地域で安心して暮らし続けることができるよう、今、全国の市町村で、地域全体で高齢者を支える地域の支えあいの仕組みづくりを進める取組が始まっています。岩出市においても、この取組の推進役として、地域で高齢者を支援する多様な関係主体が集まる「協議体」の設置や、地域の支え合いを推進する「生活支援コーディネーター」を配置し、地域資源の把握やサービス提供主体をはじめとする関係者間のネットワーク構築などに取り組んでいきます。
keihatu

協議体の取り組み

住民の地域参加を促進するマップづくり

協議体会議において岩出市の特徴や現状を話し合う中で、

  • ベッドタウンとして急速に発展したためか、新旧住民間、また転入者同士のつながりが薄い特徴がある
  • 顔も名前も知らないところに支え合いは生まれないのではないか
  • 知り合うきっかけとなる高齢者の交流の機会(づくり)が必要ではないか
  • サロンや体操等、高齢者の交流の機会となりうる活動はすでに行われているものの、その活動の場所となっている公民館やコミュニティセンターすら知らない、わからないなど、地域を知らない住民も少なくない

などの意見がでました。そこで、岩出市協議体では、住民の地域参加を促進するための取り組みとして、高齢者の交流の機会となりうる場所を知ってもらうための地図や、交流の機会となっているサロンや体操等の活動の情報を掲載した「地域交流の場マップ」作成することにしました。
現在、取り組みを効率的に進めるため、「住民の地域参加を促進するマップづくり部会」を立ち上げ、マップづくりをする上でのアイデアや情報を整理しています。整理できた情報より順次掲載していますので、ご活用ください。
いわで交流マップ

教えてください。ご高齢の方々が参加できる地域の交流活動

ご高齢の方々が自由に参加できるサロンや体操などの自主的な地域の交流活動について、情報をお寄せください。(営利目的であるものを除く)

「提供方法」
所定の用紙に必要事項を記入し、持参、郵送、ファックスのいずれかの方法で長寿介護課長寿社会係(協議体事務局)までご提出ください。
「地域の交流活動」情報提供用紙ワードファイル(19KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

このページに関するお問合せ先
生活福祉部 長寿介護課 長寿社会係 TEL 0736-62-2141(内線178)
最終更新日:2018619
上に戻る

Copyright © Iwade city All rights reserved.