ホーム > 生活環境課 > 微小粒子状物質(PM2.5)について

微小粒子状物質(PM2.5)について

PM2.5とは

PM2.5とは、大気汚染物質の1つで、直径2.5μm(1μmはmmの千分の1)以下のものを言います。

微小粒子状物質(PM2.5)への注意喚起について

岩出市では、PM2.5濃度が環境省の示した暫定指針値である日平均値70μg/立方メートルを超えると予測される場合には、市内放送で市民の皆様にお知らせします。

注意喚起の判定は、当日、午前5時、6時、7時の測定値の平均が85μg/立方メートルを超えたときに、日平均70μg/立方メートルを超えると予測します。

注意喚起時の行動の目安

注意喚起時には、次のことを目安に行動してください。

  • 屋外での長時間の激しい運動や外出をできるだけ控える。
  • 外出時にはマスクを適切に着用する。
  • 換気は必要最小限にする。
    ※呼吸器系や循環器系疾患のある方、小児・高齢者の方々は、より慎重に行動することが望まれます。

測定値については、こちら【和歌山県のPM2.5の測定値(海南市測定局)】をご覧ください。

→「速報値(そらまめ君)」(外部リンク)

和歌山県では、インターネットを通じて県内のPM2.5等の大気汚染情報を提供する専用のホームページ(和歌山県の大気環境)を開設しており、県民へのメール配信サービスを行っていますので、ご活用ください。

登録は、【和歌山県の大気環境】(外部リンク)をご覧ください。

このページに関するお問合せ先
生活福祉部 生活環境課 TEL 0736-62-2141(内線185)
最終更新日:2016317
上に戻る

Copyright © Iwade city All rights reserved.