ホーム > 生活環境課 > 特定外来生物「ヒアリ」について

特定外来生物「ヒアリ」について

 現在、ヒアリは国内では湾岸地域を中心に発見されていますが、海外からのコンテナに付着し、トラック等で輸送され内陸にも進入する可能性があります。

 平成30年5月30日現在、岩出市内ではヒアリは、発見されていませんが、万が一、ヒアリを見つけた場合は注意して対応お願いします。

1 ヒアリを見つけたときの注意点

 ・強い毒性を持つため、素手で触らないでください。

 ・生息している可能性があるような場所(緑地帯や芝生の土等)には手を入れないようにしてください。

 ・万が一、見つけた場合は、刺激せず、生活環境課にご連絡ください。

※その際には、発見日時、発見場所、発見時の状況、写真を添えてご連絡いただけますようお願いします。

2 ヒアリに刺されたときは

 ・刺されると激しい痛みがはしります。

 ・刺された場合は、まずは安静(20~30分程度)にしてください。

 ・容体が急激に変化することがあれば、最寄りの病院を受診してください。

※ヒアリは毒針を持ち、刺されると火傷のような激しい痛みを生じます。命にかかわるようなことは、ほとんどありませんが、まれに激しい動悸やめまいの症状が出現するなど容態が急変する場合があり、アナフィラキシー(重度のアレルギー反応)である可能性が高いため、速やかに救急車を要請するなど、すぐに医療機関で受診してください。

 なお、在来のアリを駆除するとヒアリなど外来のアリの定着を促進することにつながるので、ヒアリが確認されるまではアリの駆除剤はむやみに使わないでください。

3  ヒアリの特徴

 ・体長は2.5mm~6mm程度、集団の中には、小さいものから大きなものまでがある。

 ・体色は赤茶色でつやつやしており、腹部の色は暗め。

  hiari 

 ヒアリ(写真提供:環境省)

 「ヒアリ」とよく間違われるもの

 ・黒いあり(海外には黒いヒアリ類もいる)

 ・2.5mm以下の小さいアリ

 ・大きさに連続的変異のないもの(アリの集団内での個体の大きさが均一で揃っているもの)

 

このページに関するお問合せ先
生活福祉部 生活環境課 TEL 0736-62-2141(内線185)
最終更新日:201861
上に戻る

Copyright © Iwade city All rights reserved.