ホーム > 地域福祉課 > 障害福祉 > 「世界自閉症啓発デー」・「発達障害啓発週間」のお知らせ

「世界自閉症啓発デー」・「発達障害啓発週間」のお知らせ

「世界自閉症啓発デー」とは 

国連総会(平成19年12月18日)において、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」とすることが決議され、全世界の人々に自閉症を理解してもらう取り組みが行われています。

「自閉症」とは 

「常に自分の殻に閉じこもっている状態」と考えられたり、「親の育て方が冷たかったということが原因ではないか」と思われることがありますが、これは正しくありません。

脳の発達の違いから「他の人の気持ちや感情を理解すること」「言葉を適切に使うこと」「新しいことを学習すること」などが苦手であり、一般的な「常識」と思われることを身につけることも苦手です。このため、真面目に取り組んでいても、誤解されることがあります。

なお、自閉症の人たちは、自分の感じたままに話したり行動したりすることがあり、感覚が過敏であったり記憶力が抜群な人もいます。

このような、自閉症の人たちの行動や態度の意味を理解していただき、愛情をもって支援していただくことを願っています。

「発達障害啓発週間」とは 

毎年、世界自閉症啓発デーの4月2日~8日を「発達障害啓発週間」としています。

自閉症をはじめとする発達障害について知っていただくこと、理解をしていただくことは、発達障害のある人だけでなく、誰もが幸せに暮らすことができる社会の実現につながるものと考えております。

みなさまのご理解とご支援をお願いいたします。

このページに関するお問合せ先
生活福祉部 地域福祉課 障害福祉係 TEL 0736-62-2141(内線321~323)
最終更新日:201941
上に戻る

Copyright © Iwade city All rights reserved.