ホーム > 地域福祉課 > 災害時要援護者支援制度について

災害時要援護者支援制度について

この制度は、災害時に自力で避難することが困難な方に事前に同意していただき、避難支援関係者に名簿の形で情報を提供する制度です。
名簿情報の提供を行うことで、日常生活における声かけ等の見守りや、災害時における安否確認、避難支援等の活動を行うための個別支援計画へつなげることを目的としています。

対象者

岩出市において自宅で生活する方で次に該当する方

  • 要介護認定3~5を受けている者
  • 身体障害者(児)手帳1・2級所持者
  • 療育手帳Aを所持する者(児)
  • 精神障害者保健福祉手帳1・2級所持者で単身世帯の者
  • 難病指定、特定疾患等の疾病による自宅療養者(児)で、自力避難が困難な方
  • その他、災害時に自力で避難することが困難だと思われる方

名簿の提供先

  • 警察
  • 消防
  • 自治会
  • 民生委員児童委員
  • 社会福祉協議会
  • 自主防災組織
  • 消防団
  • その他避難支援等の実施に携わる関係者

情報提供の同意について

情報提供に同意される方は、「岩出市災害時要援護者登録申請書兼同意書PDFファイル(121KB)」に必要事項を記入のうえ、市役所地域福祉課へお申し込みください。(郵送可)

市民のみなさんへのお願い

※災害時の状況によっては、支援者の方も被災者となることから、この制度に登録することによって必ず災害時の支援が保障されるというものではありません。たとえば、支援を希望される方も常に自分の身は自分で守るという意識をもって、避難に必要な取組を行い、ふだんから地域において気軽に話せる関係を心がけましょう。

※登録された個人情報については、市ならびに情報提供先においても適正な管理を行います。

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
アドビシステムズ社のサイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。
このページに関するお問合せ先
生活福祉部 地域福祉課 総務福祉係 TEL 0736-62-2141(内線324~327)
最終更新日:201941
上に戻る

Copyright © Iwade city All rights reserved.