ホーム > 福祉課 > 「臨時福祉給付金(経済対策分)」支給要件

「臨時福祉給付金(経済対策分)」支給要件

対象者

「臨時福祉給付金(経済対策分)」の対象となる方とは、平成28年度分の住民税が課税されてない(平成28年度臨時福祉給付金の対象となった)方です。
ただし、

  •  課税されている方に生活の面倒を見てもらっている場合(住民税において、課税者の扶養となっている場合)
  • 生活保護の受給者である場合
  • 中国残留邦人等に対する支援給付の受給者など、生活保護の基準の例による給付を受け取っている方

は対象とはなりません。

住民税が課税されない所得水準の目安(非課税限度額)

給与所得者

区分

非課税限度額※
(給与収入ベース)

単身

93万円

夫婦

137.8万円

夫婦子1人

168.3万円

夫婦子2人

209.9万円

公的年金等受給者

区分

非課税限度額※
(年金収入ベース)

単身

65歳以上

148万円

65歳未満

98万円

夫婦

65歳以上

192.8万円

65歳未満

147万円

 支給額

1人につき15,000円

申請期間

平成29年3月22日(水)~平成29年9月22日(金) (郵送の場合は同日必着)

基準日

平成28年1月1日

上記基準日に住民登録のある市区町村へ申請となります。

申請手続

提出書類

◎申請書

「臨時福祉給付金(経済対策分)申請書(請求書)」を支給対象者となる可能性のある方に郵送します。

◎本人確認書類

対象者全員分の書類が必要です。
※運転免許証、(写真付)個人番号カード、(写真付)住民基本台帳カード、パスポート、健康保険証、後期高齢者医療被保険者証、介護保険被保険者証、各種年金証書など

◎振込先口座確認書類(通帳、キャッシュカードのコピー)

はじめて給付金を口座振込により受ける方のみ必要です。

  • 過去に岩出市から「臨時福祉給付金」の支給を受けていない方
  • 過去に岩出市から「臨時福祉給付金」が振り込まれた口座と違う口座への振込を希望される方
  • 過去に岩出市から「臨時福祉給付金」の振込を受けた口座で、その後名義変更等により変更された方
  • 過去に「臨時福祉給付金」の振込を岩出市以外の市区町村から受けている方

岩出市から過去に「臨時福祉給付金」の支給を受けた方で、同じ口座(同じ名義人)に振込を希望される場合は、振込口座確認書類の添付は不要です。

申請方法(郵送又は窓口申請)

郵送

申請書と併せて返信用封筒を同封いたしますので、ご利用ください。

窓口

岩出市役所 「臨時福祉給付金」担当(岩出市役所2階 第3会議室)

給付金の受取方法

口座振込

申請書に記載された指定口座に振り込まれます。

窓口現金受取

金融機関の口座がない方など、口座振込での受け取りが出来ない方に限ります。また、お受け取りには口座振込に比べ、お時間をいただく場合があります。

申請書を提出したら・・・

  1. 申請書を受付後、支給要件に該当しているかどうかの審査を行います。
  2. 記入もれや添付書類不足の場合、電話や郵送でご連絡いたします。
  3. 支給要件に該当し、書類の不備がない方について、支給(不支給)決定を行い、支給決定された方には振込手続きを行います。

※支給決定及び支給は平成29年4月以降となります。(提出日順に手続きいたします。)
ただし、支給決定される前に亡くなられた方は、支給の対象になりません。


下記に該当する方は、扶養関係に関わらず支給対象となる可能性があります。詳細は、お問い合わせください。

  • 配偶者からの暴力を理由に避難されており、現在岩出市にお住まいの方(DV被害者)。
  • 児童福祉施設に入所している20歳未満の児童等で、現在岩出市にお住まいの方。
  • 平成28年1月1日時点より前に、障害者や高齢者で虐待を受けて入所等の措置が採られており、平成28年1月1日において岩出市に住民登録がなされている方。

外国人の方についても支給要件を満たしていれば対象になります。
ただし、短期滞在者及び不法滞在者については、支給の対象になりません。
申請日から給付金支払完了までの間に在留期間の満了日等が到来する方については、支給時に在留資格等を有することが確認できない恐れがあるため、在留期間の更新を行ってから、申請してください。

このページに関するお問合せ先
窓口専用ダイヤル  TEL 0120-1192-59(平日 午前9時~午後5時)

生活福祉部 福祉課 総務係  TEL 0736-62-2141(内線329)
最終更新日:2017828
上に戻る

Copyright © Iwade city All rights reserved.